珈琲カップ






今夜は珈琲カップのはなしだよ

昔はコクテール堂にあこがれちょったからさ カップもロイヤルコペンハーゲンの珈琲カップを集めとったんよ 
その後初めて大坊さんを訪れたときにね もちろん手廻しロースターの衝撃はでかかったんじゃけど 出てきた30g100ccの珈琲がさ 大倉のティーカップで出てきたんだわ ほいで 珈琲の縁んところがさ 美しいのよ~黒に近いワイン色で うっとりなんじゃわ 飲んでもとろりとやさしいくちあたりで珈琲の味わいとカップが一心同体なんじゃわ 珈琲の味わいはカップに影響する 感動!

感動して出来ることはすぐに真似っこのわしじゃよ(苦笑 
大倉のカップはなかったけどウェッジウッドのティーカップはようけあったからね 試しに二十三番地珈琲を注いでみたら 濃いいワインカラーのとろけるような美しさなのよ~ 実際お客さんに出してみると 店内の暗さと照明の関係もあるんじゃろうけど 多くの方が「おぉ~」と反応を示しちょった 通には深みのある色味にテンションが上がること間違いない思うたね!
ほやけど時々「あ ティーカップで出てるぅ~ キャハハ」と笑われることもあってね ティーカップで出しても黙らせる力は うちにはなかったんじゃね

ほいやけど これがいいと思うたことは突き進んでしまうわしじゃ 笑われようが馬鹿にされようが ティーカップで出し続けてきょうまできたいね いまじゃ大坊さんの人気もあってか 大倉のティーカップで出すお店も増えてきたように思う

みなさん 飲む前に珈琲の縁んとこ その美しさをしばし楽しんでみてよ そのためのティーカップなんじゃから 
わかってもらえるかなぁ。。



2017/04/01 21:32










→ 猿楽珈琲 → 猿楽インスタ